初めてでもできる!かかり釣り

クロダイの長井かかり釣りセンター

筏(イカダ)やカセ (小舟)に乗って魚をねらうのが「かかり釣り」。

短竿を使ってのスリリングなやり取り、 ダンゴの中に付けエサを仕込む独特のスタイル、海底でダンゴが割れ、付けエサをついばむ繊細なアタリを取る真剣勝負。

クロダイはもちろん、メジナ、マダイ、カワハギ、ヒラメ、アジなど色々な魚と出逢えるのも、このかかり釣りならではの魅力です。季節によっては、アオリイカ、イナダ、カンパチ、カレイなども釣れます。また、遠くになげたり、釣り場を探し歩くこともないので初めての方でも楽しめます。

クロダイの長井かかり釣りセンター

長井かかり釣りセンターでは初心者の方も大歓迎!
筏に付き添ってのレクチャーはできませんが、ダンゴの作り方や仕掛けの作り方、簡単なアタリの取り方をレクチャーいたしますので、ご予約時にご希望の方はお知らせください。

釣る場所は?

釣り場は沖に浮かんだ10台の筏(イカダ)

船着き場から船で5分程度の所に設置してあります。普段からダンゴなど釣りエサ がまかれているので、筏の下には魚が着いています。ここへ ダンゴを落とし込み、魚を寄せて釣ります。

クロダイの長井かかり釣りセンター

ダンゴの作り方は?

 かかり釣りはまずダンゴを作ることからスタートです。
釣る人や地域によっていろんなブレンドがありますが、初めての方はまずは市販のタイプを使うのがいいでしょう。

慣れてきたら、自分でブレンドを工夫してみましょう。
始めに軽くダンゴを握ってくぼみを作り、そこにハリに刺したサシエを入れて握ります。

サシエはオキアミやコーン、サナギなどの単体やミックスでも効果的です。

仕掛けの用意をしている間にダンゴを2、3個放り込んでおけば、魚を寄せる時間が稼げるので効率的でしょう。

かかり釣り」の釣り方は?

クロダイの長井かかり釣りセンター

「かかり釣り」に水中イメージは

  1. ダンゴを海に投入します。
    クロダイの長井かかり釣りセンター
  2. 海底についたダンゴが徐々に溶けていき割れます。
    クロダイの長井かかり釣りセンター
  3. 中から出てきた、サシエにくいつく。
    クロダイの長井かかり釣りセンター

とう流れです。

ダンゴが割れると、サシエがこんにちは!
ダンゴの重みがなくなってテンションがフッと抜けたら、そこからが勝負。

クロダイ あたりの出方竿先をよ〜く見 て、アタリがあったら即アワセを入れ てヒット~!!
アワセ方はアタリがあったら竿を大きくあおってアワせます。

竿がとても短いので、肩から腕全体を使って大きく振り上げるイメージです。

かかり釣り」に必要な道具

  • ライフジャケット
  • 仕掛け(ハリ・ガン玉など)
  • バッカン
  • ハサミ
  • 釣り竿とリール
  • 水をくむバケツ(ロープ付き)
  • 釣りエサ
  • 玉網(柄の長さは1.2mくらいが使いやすい)
  • 椅子(クーラーボックスで代用可)

※オケとバケツは船にあります。(無料でお貸ししています。)

かかり釣り道具